【現役医療器械屋がつぶやく】クリニックサポーター

クリニックの新規開業を考えられている先生・クリニック経営で悩んでいる先生のためのために役立つブログです。

【新規開業の悩み①】〇〇医院?〇〇クリニック?〇〇診療所?あなたはどうしますか?

クリニックを新規開業する時、最初に悩むのはクリニックの名前をどうするかではないでしょうか?

 

そこで私が訪問しているところを参考にしてください。

 

 

 

〇〇医院?〇〇クリニック?〇〇診療所?あなたはどうしますか?

お名前?地域名?

先生のお名前を入れている割合 92.5%

地域名を入れている割合 7.5%

両方入れている割合 0%

参照数 40施設

 

 

苗字?名?

苗字を入れている割合 94.6%

下の名前を入れている割合 5.4%

参照数 37施設

 

漢字?ひらがな?カタカナ?

漢字 70.0%

ひらがな 27.5%

カタカナ 2.5%

参照数 40施設

 

昔からある施設は漢字のところが多いです。

最近開業のところはひらがな・カタカナが多いです。

お子様に代替された時にひらがな・カタカナに変更するところもありました。

 

ひらがな・カタカナのメリット

✅検索しやすい

✅読みやすい

✅優しい感じがする

 

医院?クリニック?診療所?

〇〇医院 57.5%

〇〇クリニック 20.0%

〇〇診療所 10.0%

〇〇科 12.5%

 

この区別も昔からあるところは〇〇医院・〇〇診療所が多いです。

最近は〇〇クリニックが増えてきました。

〇〇科は△△内科・△△外科・△△整形外科など科目です。

 

名前を決める時に大切な3つのこと

1.読めるか?スマートホンで一発変換できるか?

難しい漢字の場合はひらがな・カタカナにしましょう。

 

患者さんがせっかく行こうと思っても、難しい漢字の場合は検索してもらえません。検索してもらえやすいように名前を考えることが大切です。

 

2.女性ならフルネームもしくは下のお名前を入れましょう。

女性患者さんの中には男性の先生より女性の先生に診てもらいたい人は意外に多いです。

 

是非下のお名前を入れたクリニック名にしてください。女性の患者さんが先生のことを見つけやすくなります。

 

3.科目名があると分かりやすい。

先生の専門分野が名前に入っていると分かりやすいです。専門分野を標榜すると他の患者さんが減ってしまうと心配してしまうかもしれません。

 

しかし、私の行っているところでは専門分野に特化している方が流行っているように思います。

 

他のクリニックまで何キロも離れている田舎は違うかもしれませんが、一目でわかるように専門分野を標榜することが大切です。

 

まとめ

クリニックを開業すると決めた時、最初に悩むのがクリニック名でしょう。

私が行っているクリニックさんを参考にしていただけたら嬉しいです。

 

最近の傾向は、ひらがな・カタカナ名が増えてきています。

〇〇クリニックも増えてきています。

 

 

これからはひらがな+標榜科+クリニックが増えていきそうですね。